コラム


糖質制限中の閉経女性に起こるコレステロール上昇は脂質の摂りすぎが原因ではない

2017.12.03
Results4052
高いコレステロール値とケトン体値

糖質制限では、三大栄養素(糖質・脂質・たんぱく質)の中で、糖質は控える代わりに、40%~50%の脂質、30%以上のたんぱく質を摂取する。

そんなに脂質を摂ったらコレステロールや中性脂肪が増えるという不安とは逆に、コレステロールや中性脂肪の値は正常になる。

 

コレステロール値が高い肉食系筆者

Meats3447
ごはんなし肉系メインの食事。野菜は低糖な葉もの類。糖質が多いプチトマトは一人1個。

痩せているが低糖人の肉食系筆者も、毎日肉類を200g以上、バター、チーズ、マヨネーズ、MCTオイル、アマニオイル、オリーブオイル、卵など、脂質とたんぱく質をたっぷり摂っている。

ところが、先日、神戸の某病院で受けた甲状腺の検査結果で総コレステロール値が311あった。基準値範囲220を大幅に超えていたので、診察医から脂質を控えるように注意された。

昨年11月末に糖質制限推奨医療機関の吉田内科クリニックで受けた血液検査結果も、総コレステロールは307あった。

HDLコレステロール 98(基準値範囲40-90)
LDLコレステロール 209(基準値範囲70-139)
⇒ 総コレステロール 307
中性脂肪 63(基準値範囲50-149)
ケトン体 866

この時は、吉田先生から注意されることもなく「HDLが高いので、高数値のLDLは気にすることはない。」「HDLが高い人は長生きするよ。」「体のエネルギーになるケトン体値が866あるのは、体が糖代謝からケトン代謝になっている証拠。糖質制限を頑張っているね。」と言われた。

体調は良好だ。ただし、日頃摂らないごはんを食べ糖質酔い になり一時体調不良になったが、糖質制限と加圧トレーニングのおかげでエネルギッシュに動けている。

どうやら、コレステロールが高くなる原因が他にあるように思える。

コレステロールは、動脈硬化の元凶とされてきました。しかし、コレステロールは人体にとって不可欠な脂質由来の成分です。細胞膜やホルモン、胆汁やビタミンDなどの構成成分であり、8割が自分の肝臓で合成され、2割は食事由来のものと言われています。(たがしゅうブログ「スタチンは病状を隠す」より引用)

 

田頭医師のガッテン!アドバイス

筆者(50代後半)の高いコレステロールなどに関する疑問に対して、たがしゅうブログでおなじみ神経内科医田頭秀悟先生から明快なアドバイスを頂いた。

■ コレステロール上昇は生理的現象

女性は、閉経に伴い女性ホルモン値が急速に低下するので、その機能を代償しようと、原材料であるコレステロールの内因性産生が高まります。ですから、閉経後にコレステロールが上昇するのは生理的現象です。

女性ホルモンであるエストロゲンの材料がコレステロールです。

閉経女性で、コレステロールが高くなることは決して悪いことではなく、身体にとって防御反応です。基本的に閉経後にコレステロールが一時的に増加するのは、環境に適応しようと身体が正しく頑張っている証拠なので、むしろ歓迎すべきことなのです。

■ 体調に合わせて脂質を摂る

(筆者の)データを見ると、中性脂肪も正常ですし、体調が宜しければ、脂質を控えなさいという医師の助言は無視してよいと思います。

ただし、体調が悪ければ脂質の量に消化吸収機能が適応できていない可能性があるので、その場合は確かに「脂質を控えなさい」という助言は妥当です。

理論的には低糖質が正しくとも、最適量は理論ではなく実践の中で身に着けていくのがよいと思います。

消化吸収能力が低い方は、無理せず徐々に消化管を糖質制限に適応させていくスタンスが必要なのではないかと思います。その際もサプリなどで強制的に腸管を整えるのではなく、身体の声に従いながら食事量を調整していくスタンスがよいかと思います。
 

■ コレステロールの誤った概念

・スーパー糖質制限を実践していた友人(60代女性)は、医師にコレステロールが高いので脂質を控えるように言われ、バターや脂肪の多い肉類を余り食べなくなった。

一般的な医師は「コレステロールが高い=動脈硬化」とすり込まれているので、別の視点から診断することも、聞く耳を持たないので、議論になりません。

・総コレステロールの内訳であるHDLコレステロールとLDLコレステロールのデータなしで「高い!」と言われたことも釈然としない。

総コレステロールだけで判断するのは論外です。コレステロールが低ければ低いほどよいと言うスタチン大好きな動脈硬化学会ですら、総コレステロールの診断基準は撤廃しています。

 
さて、「コレステロール上昇=脂質の摂り過ぎ」概念を払拭して頂けただろうか?

ただし、ごはん、ぱん、スィーツ、くだものなどの糖質を普通に摂り、コレステロールや中性脂肪が高い閉経女性は、その原因が糖質にもあるということを覚えていて欲しい

関連記事

■ 動脈硬化のこと

 

ページの先頭へ