コラム


糖質制限”実践派”医師のアドバイス総集編

2018.08.04

先日、Pocorin(ポコリン)を公開して3年目を迎えた。おかげさまでページビュー(PV)は265万を超えた。糖質制限の情報ウェブサイトとしてお役に立っていれば嬉しい。

この3年間、収集した食品や情報を精察してきた。筆者だけでなく多くの低糖人が実感している効果も確認してきた。幸運にも糖質制限推奨医師から医療的アドバイスだけでなくさまざまな面でPocorinをサポートして下さる環境にもなった。

今後探究する課題も沢山あるが、現段階で言えるのは、健康寿命が唱われる昨今糖尿病やメタボリックシンドロームの問題を抱える人だけではなく『糖質過多の食生活』をしている現代人には糖質を控える食生活は必須!だと強く思う。

一方、糖質に囲まれている食環境では、低糖人は少数派だ。危ない食事療法だと、実際に糖質制限を実践していないのに間違った論法やイメージで批判する人もいる。ごはん、パン、麺などを食べない低糖人を特異に見ている人もいる。しかし、正しい糖質制限の情報と知識を伝えると「目から鱗の食事療法!」と筆者の周りは低糖人が増えている。

そこで、3年間の節目として、今まで掲載した複数の糖質制限”実践派”医師に伺ったアドバイスや体験談の記事を内容別にまとめてみた。

 

実体験に基づく糖質制限アドバイス記事

※ ⇒以下のタイトルをクリックするとそれぞれの記事へアクセスします

⇒ ”もっと” 糖質制限を知ろう - 糖質制限推進派医師監修

糖質制限のダイジェスト版。減量や血糖値コントロール以外の効果も知って欲しい。「糖質を摂らないと体がだるくならないのか?」「脂質をたくさん摂って大丈夫?」などの疑問も解決するはずだ。

《監修医師》
新南陽整形外科クリニック(山口県周南市)整形外科医 花岡篤哉先生: 当初Pocorinを怪しい糖質制限関係のウェブサイトと思っていたそうだが誤解も解け、今は色々な面でPocorinをサポートして下さる情報通の医師だ。
・南鹿児島さくら病院神経内科医 田頭秀悟先生: 人気のたがしゅうブログでお馴染みの医師だ。Pocorinの質問に対していつも丁寧な回答をして下さる。

 

⇒ 糖尿病の非専門医だからできる糖質制限の指導

杏クリニック 内科医(高知県土佐市)山本拓先生は〈血糖値を上げるのは糖質だ〉という論理を確かめるべく糖質を控え脂質を多く摂る食事に変えた。話題のケトン体代謝の体になった山本先生の食生活やその効果は参考になる。

 

⇒ 医師に聴いた役立つ糖質制限アドバイス

内科医/漢方医吉田内科クリニック(兵庫県芦屋市)吉田光範先生も糖質制限で15kg減量。日々、多くの糖尿病患者、メタボリックシンドロームの人、痩せたい女性などを診ている先生ならではのアドバイス満載。

 

⇒【寄稿】糖尿病性腎症の初期から透析期まで、糖質制限は問題ない

福岡県つかもと内科の塚本雅俊先生の寄稿記事は、特に糖尿病性腎症の患者さんは必読

 

血糖値スパイクに関する記事

健常人でも、糖質の多い食事、ストレスなどで、血糖値が一気に上がり(血糖値スパイク)なりその後下がる。この乱降下がひんぱんに起こると正常な血管の内側の細胞が壊れていき自覚症状がないまま動脈硬化が進行する。心筋梗塞、脳梗塞などのリスクが高くなる。

⇒ 我が身にも起こっている!血管細胞をこわす血糖値スパイクとは

3食ごはん、パン、麺など・・糖質の多い食生活を送っている人(特に30代以上)は、記事を読んで「自分のことかも?」と考えて欲しい。

 

⇒ 糖質食事により健常人でも起こる急激な血糖値上昇

どんな食品で血糖値が上がるか、複数の医師が血糖値測定をしてデータを提供して頂いた。おにぎりでこんなに血糖値が上がるのかと驚く。

 

糖質量を知って欲しい食品記事

誤解されやすい食品を取りあげている。

⇒ 糖質5g未満のヨーグルトと医師推奨のヨーグルト

代表的な健康食品ヨーグルトも全種類がOKとは言えない。ヨーグルトを購入する際の参考にして欲しい。

 

⇒ ナッツの糖質量 と ”低糖人” 医師の食べ方

ナッツ類はお奨めおやつの一つだが、ヨーグルトと同様に糖質の多い種類もある。

 

⇒ 糖質量から”体に良い” イメージの食品を考察する

ハチミツ玄米フルーツグラノーラ甘酒蕎麦などヘルシーイメージの食品を糖質量からチェックするとNG!だ。複数の医師が語ってくれたストレートな意見も参考にして欲しい。

 

⇒ 糖質制限推奨医師は奨めない!熱中症や夏バテ予防の”糖質の多い” スポーツドリンク、塩飴、ゼリー飲料、飲む酢

糖質量を気にせずに熱中症予防の食品を毎日摂っている方は必読!この記事を読んだPocorin読者から「この猛暑で”糖質の多い” アクエリアス、どこのスーパーでも品切れ続出。悪魔のブドウ糖飲料がこの夏に復活ですね。」とメールが届いた。

 

医師も糖質づけだった!赤裸々な体験記事

医師も糖質制限を知る前は、糖質過多の食生活だった。

⇒【追記】糖質づけだった医師の告白

大量の甘いモノを長年にわたり食べ続け糖尿病を発症した花岡先生は「自分のようになって欲しくない」と糖質づけの食生活を告白してくれた。医師として糖尿病治療を模索し糖質制限に出会い救われた。ほぼ断糖に近い食生活で糖尿病の薬を一切服用せずに血糖値をうまくコントロールしている。

 

⇒ 甘い物が止められなかった女医が試みた3つのダイエット・前編 レコーディング・ダイエット~糖質制限【File No.3】 

⇒ 甘い物が止められなかった女医が試みた3つのダイエット・後編 MEC食【File No.3】

MECはMeat、Cheese、Eggをメインに摂る糖質制限系の食事法だ。低糖な上に必要なタンパク質と脂質がしっかり摂れる。産婦人科医の田中亜矢子先生が糖質依存を断ち切るために模索した前編・後編の体験談。

 

医師が考えた超簡単レシピ

多忙な医師が考えた超簡単なMEC食系レシピ。糖質制限はエンゲル係数を上げると思われがちだが、卵、チーズ、豚バラはお財布にもやさしい。

⇒【レシピ編】花岡篤哉医師の5分でできる卵料理『満月焼き』

admin-ajax[1]
フライパンがあれば調理時間わずか5分!花岡先生のエプロン姿をご覧あれ。

 

⇒ 【レシピ編】スキレットでつくる簡単MEC食 by Dra. Tanaka

MEC0864
簡単で!美味しい!肉料理が仕上るコツは、鋳鉄製フライパンのスキレットをつかうこと。

 

番 外 編

Pocoirn公開後3ヶ月で、湿潤療法の第一人者でありベストセラー『炭水化物が人類を滅ぼす』著者の夏井睦医師が主催する超人気の〈豚皮を揚げを食べる会 in 京都〉に特別参加させて頂いた。糖質制限の第一人者の江部康二先生にもお目にかかれた。その2人の記事だ。

⇒ 2割の前向きな医師たち:二人の先頭ランナー

人が新しいことをはじめる時に、2割が前向き、6割が日和見で、2割が反対。または8割が新しいことを嫌がるそうだ。江部先生、夏井先生を先頭に糖質制限”実践派”医師、そして低糖人はこの2割の前向きなタイプだ。

さて、あなたは、どのタイプになっていくのだろうか?

 

ページの先頭へ