コラム


7年間のカロリー・ダイエットと激しい運動では痩せなかった筆者 【File No.8】

2018.03.16
chitan2
お腹のベルトがきつ~い。痩せニャイ!

筆者は、現在155cm、40.3kgだが、かつては洋服のサイズは11号~13号、体重は60kgを超えたぽっちゃり体型だった。

7年間、カロリ-・ダイエットと運動による減量を試み続けた。体重を50kgまで落とすことが目標だったが、減量とリバウンドの繰り返しで、18歳~26歳まで体重は55kg~64kgの間を推移し、決して50kgを切ることはなかった。

そして、カロリー基準のダイエットと激しい運動では痩せないことを身をもって体験した

 

アメリカ留学中の凄まじい食事内容と量で一気に太る

社会貢献のひとつとしてPocorinの運営をしている栄陽子留学研究所を通して、筆者は18歳でアメリカへ留学した。語学留学ではないので、英語で大学の授業についていくストレスで、絶えず何かを口に入れないと落ち着かない。食べても満腹にならないので、また何かを口にする。

そして、体重計の数字は日に日に増えていった。

当時を振り返ると、食べていた食品は糖質の”かなり”多いものばかり。食べる量も半端なく多い。

さらに、早食いで何かをしながら食べるので、食べている自覚がない。← 皆さん、スマホを見ながら食べていませんか?

  • 朝食からシナモンロールやドーナツ。1度に3、4個は当たり前。ドリンクはオレンジジュースか牛乳。
  • バターピーカン・アイスクリームが大好物。大きな箱入りを”大きなスープスプーン”で食べるのでいつも完食してしまっていた。
  • ハンバーガーはお昼の定番。ビッグマック1個、フライドポテト(Lサイズ)では物足りず、ダブルチーズバーガーとアップルパイを追加。
  • ピーナッツバターとイチゴジャムのサンドイッチにはまり、1回の量はトースト4枚。
  • 夜食に直径60cm大の宅配ピザをルームメイトと注文して2人でペロリ。それでも一応ダイエットペプシを飲んでいた。・・・などなど

 

糖質中毒を加速させたアメリカ版サイズ

糖質は依存性があるので、すっかり糖質中毒になっていた

さらに糖質中毒を加速させる間接要因が、アメリカ版サイズ だ。

まずは、食品が入っている容器が大きい。例えば、ペットボトルの普通サイズはだいたい3ℓ以上もある。

さらに、お皿、コップ、スプーンなど食器サイズまで大きいので、自然と食べる量も多めになる。最初こそ大きなサイズにビックリしたが、そのうち目も胃も慣れてしまい、日本で食べる1.5倍以上の量を当たり前のように食べていた。

例えば、こんな感じだ・・・

  • 1リットルは入るコップに、オレンジジュースやダイエットペプシを入れ、バケツサイズの容器にはいったポップコーンをひたすら食べる。
  • 1袋の量が日本の5倍位は入っているだろうポテトチップスは、ダイエットペプシを飲みながら「止められない。止まらない。」たいがい完食。

 

5ヶ月で12kg体重増!

留学1ヶ月目で7kg増えてしまうと、体型を気にしながらも、糖質中毒なので糖質過食は止められない。

こうして、新学期が始まった9月には体重12kg増のぽっちゃり型Freshman(新入生)になっていた。

MARIE20180311
立派な太股になってしまった。ジーンズのサイズも29から31へ。

その後も体重は増え続け、お腹周りや太股が立派になり(太くなり)、日本から持参したパンツは入らなくなった。実家からゴム付きのLサイズおばちゃんパンツを送って貰ったりもした。

洋服のサイズは9号から13号になっていたが、アメリカではこの太さは普通だ。よって、留学中の最初の2年間は余り気にせずダイエットも考えなかった。

しかし帰国する度に、父親からは「(ジーンズ姿を見て)でかい尻だな。」叔母からは「(スカートから出ている足を見て)象みたいだね。」近所の子供には「(お腹がはち切れていたので)ズボンのファスナーが開いているよ。」などと言われ続け、20歳の乙女は減量を決心をした。

 

7年間の痩せない減量方法

留学中も帰国してからも、ありとあらゆるダイエットと激しい運動を試みた。いつも痩せることばかりを考え、空腹を我慢しながらの辛いダイエットとリバウンドの繰り返しの7年間だった。

当時、カロリーを抑え、運動で体を ”燃焼” させれば痩せると信じていた。 ※ 体は”燃焼”しない。”代謝”でエネルギーをつくる。

しかし、糖質を過多に摂っている限り痩せるはずはなく、糖質中毒からも抜けられない。

  • 留学中のダイエット期間は、学生食堂へは行かず、朝食なし。昼食と夕食の定番メニューは、5種類以上の野菜、豆類、カッテージチーズ、ワカメ入りのサラダに、『ノーカロリー』ドレッシングをかけて食べるだけ。⇒ 大切なたんぱく質と脂質がほとんどない栄養失調メニューだ。女性のダイエットは今でもこのタイプが多いのでは
  • 『ノーカロリー』マーガリンとイチゴジャムをぬった10kcalの薄いライ麦パン1枚、ヘルシーなイメージから『ローカロリー』フルーツヨーグルト、生の甘い人参、くだもの、シリアルバー⇒ すべて糖質の多い食品ばかりだ
  • ジャガイモダイエット、リンゴダイエット、グレープフルーツダイエット、バナナダイエット、こんにゃく& 寒天ダイエット、ゆで卵ダイエットも試みたが、どれも同じ食品を食べることに嫌気がさして1ヶ月は続かなかった。⇒ 前者4つのダイエット食品は糖質の多いもので、かえって太る食品だ
  • 当時、演歌歌手が痩せたとベストセラーになった7日間ダイエット本を購入して《ビタミンEを摂りながら、おかゆ⇒おもゆ⇒3日間断食(Fasting)⇒おもゆ⇒おかゆ》も試みた。それでもわずか3kgの減量で、2ヶ月もすると1.5kg増なっていた。⇒ 断食はお奨めだが、回復食にたんぱく質を摂らずに糖質の多い穀物とは?!
  • 実家の薬局で販売していた脂肪を溶かし痩せる効果があると鉄観音茶も毎食飲んでいた。⇒ 痩せるかは不明だが、糖質ゼロの飲み物だから一応安心
  • 一方、「脂(油)ものは太る!」と信じていたので、脂身の多い肉類、チーズ、バターなどは避けていた。特に、肉を食べた時は鉄観音茶をがぶ飲みしていた。⇒ 太る原因は、一緒にごはん、パン、パスタなどを摂るため。
  • 激しい運動も毎日欠かさずした。当時大流行していたエアロビックス、発汗ウェアを着てのジョギング、クロール2000mのスイミングを続けたが、筋肉がつくばかりで、最高2kg痩せただけだった。⇒ 運動はウォーキングで充分!
  • 唯一、朝晩続けたヨガで、体重が55kgまで落ちた。⇒ ヨガの呼吸法はリラックス効果大!

 

30年前のプチ糖質制限とウォーキングで劇的効果!

27歳の時、朝食、昼食は普通に食べるが、〈夕食はごはんとビールを止めおかずだけ〉〈就寝2時間前は何も食べない〉生活を始めた。30年前のプチ糖質制限だ!

さらに、会社からの帰路はバスに乗らず40分ほど歩いた。

意外にも、この減量方法は苦もなく毎日続けられた。

劇的に効果が出た!

毎週1kgずつ痩せ始めた。体重計に乗る度にニンマリ。目標の50kgはクリアし47kgまで体重は落ちた。

スカートやパンツがブカブカになったばかりか、靴も脱げてしまう。サイズ31のジーンズは28になり、靴も1cmサイズダウンした。

 

体の声に従いながら糖質制限を続ける

この複合減量方法で体質が変化したのか、何を食べても体重は50kgを超えなくなった。しかし、それを良いことに、糖質の多い食品の暴飲暴食気味の夕食を長年続けた。太りこそしないが、冷え症、胃の不調、うつ病、不眠、関節の痛みなどの問題が出てきた

痩せている筆者が実感した糖質制限と加圧トレーニングによる体の再生【File No.7 】に記載しているが、本当に健康的な体になったのは、50代後半で始めた糖質制限と加圧トレーニングによるものだ。

しかし、糖質制限も食べ方に問題があった。低糖人になって2年目の頃、肉類をガッツリ食べようと霜降りの牛肉を300g以上食べ嘔吐したことが数回起こった。

たがしゅうブログでおなじみの田頭先生のアドバイス

「嘔吐すると言うことは(筆者には)肉の量が多すぎたのです。」
「理論的には低糖質が正しくても、最適量は理論ではなく、体の声に従いながら食事量を調整していくスタンスが良いと思います。」
やせ型人間は消化吸収能力が低いので、無理せずに徐々に消化管を糖質制限に適応させていくとよいのではないででしょうか。」
 

現在1日の食品はこんな感じだ。肉の量は200g前後に変えた。・魚(さば、アジ、じゃこなど)・ナチュラルチーズ(小分けのモノを3、4個)・卵(2個。なるべく平飼い卵を選ぶ)・ナッツ類(適量)・野菜(葉もの、ブロッコリー、だいこん、きのこなど)・豆腐 ・オリーブオイル ・MCTオイル ・バター ・マヨネーズ ・良質の珈琲 ・低糖ヨーグルトなどを、お腹が空いたら食べることにしている。

朝食は珈琲、卵、温野菜(マヨネーズやオリーブオイルをたっぷりかける)。昼食や小腹が空いた時は、ナッツ、チーズ、ゆで卵が多い。夕食はしっかり食べる。

「エネルギー源の糖分を摂らないと思考能力は低下するし動けない。」ということはない。頭は冴え終日快適に動きまわっている。

糖質の多い食品も時々食べる。れんこんやごぼうは少量、イチゴ4、5粒まで、グレープフルーツ1/4。ハーゲンダッツ(マカデミアンナッツ)やシュークリーム1/2 (糖質量10g未満となる)、【明治】the Chocolate【ロッテ】乳酸菌ショコラ(ビター)は1袋に入っているチョコレートを割って少しずつアーモンドと一緒に食べる。

ただし、ごはん、パン、麺類はほとんど食べない。理由は体の悲鳴が聞こえるからだ。たまにお付き合いで食べると口の中が粘つき胃の調子が悪くなる

 

ページの先頭へ