ショッピング

高知出身のボディービルダーがつくる個性的なBEAN TO BARチョコレート。その名も ”CHOCOZEYO(チョコぜよ)!”

2019.04.16

CHOKOZEYO7709修正

東アフリカ・マダガスカル島だけに生息するワオキツネザルとカカオ豆をモチーフにしたお洒落なパッケージ
CHOCOZEYOは、ボディービルダーの森田滝夫さんが減量中でも食べられる「栄養価が高い」「糖質も少ない」「安全・安心」の食品として自作してしまったオーガニックBEAN TO BARチョコレートです。

マダガスカル産カカオ豆70%を使用したその味は、嗜好性のあるチョコレートとは言えません。むしろチョコレートというよりは新しいタイプのオーガニック・フードとして、その個性的な風味を味わいたくなる不思議な一品です。

 

CHOCOZEYOのラインアップ

CHOCOZEYOの中で、栄養成分がわかっているCHOCOZEYO Sugar Free“低糖質BEAN TO BARチョコレート”として、それ以外は “オーガニックBEAN TO BARチョコレート”としてご紹介します。

低糖質 CHOCOZEYO Sugar Free

糖質13.23g 食物繊維7.77g タンパク質5.04g 脂質16.83g 239.4kcal/1枚45g(16粒)あたり】

package5971

パッケージの右上に種類がスタンプされています。右:Sugar Free  左:Salt
オーガニックのマダガスカル産カカオ豆70%と天然甘味料だけを使用。糖質量は1粒わずか0.83g、1/2(8粒)でも7g以下と低糖質なチョコレートです。

天然甘味料はステビアヤーコンメスキートの3種類です。独特の甘みとほのかな苦味がありねっとりしています。正直「甘くておいしい」チョコレートではありませんが、豊富なカカオフラボノール、食物繊維などを補給できるオーガニックな健康食品としてお勧めです。

価格:1,700円(税込み)

カカオフラボノールとは: カカオ豆に含まれる天然由来のポリフェノールです。血管の弾力を維持し正常な循環を促してくれます。

オーガニック CHOCOZEYO 4種

choco5982

形状は2種類。クロス入り12粒:バオバブ、柚子&ジンジャー 16粒:Sugar Free、クラッシック、Salt
マダガスカル産カカオ豆70%と高知県黒潮町産黒糖をベースに、塩、バオバブ、柚子、しょうがなどが追加されています。甘さも控えめなので糖質は多くはないと推測しますが、糖尿病の人は摂取量を注意してお召し上がり下さい。
 

◎ CHOCOZEYO クラシック

カカオ豆70%、黒糖30%というシンプルな製法。ねっとりしていて酸味がありますが、これがカカオ豆本来の味だそうです。

価格:1,300円(税込み)
 

◎ CHOCOZEYO Salt

高知県の土佐黒潮天日塩が、クラッシックの成分に追加されています。塩味で甘みが引き立ちます。チョコレートに入っている天日塩の粒もおいしさのアクセントになっています。試食者6名全員が「おいしい」と評価しました。

価格:1,400円(税込み)
 

◎ CHOCOZEYO 柚子&ジンジャー

高知県馬路村柚子パウダー、同県いの町しょうがパウダー入り。カカオ豆、柚子、ショウガのマッチングはチョコレートというより別物のおいしさがあります。

価格:1,400円(税込み)
 

◎ CHOCOZEYO BAOBAB(バオバブ)

バオバブはアフリカに自生している上下逆さまな木で、小説「星の王子様」の挿絵に出てきます。樹齢700年~3000年といわれる巨木の種のまわりについている粉はポリフェノールやビタミンCが豊富に含まれています。おいしい酸味が口の中で溶けて行きます。

価格:1,500円(税込み)

 

徹底したトレーサビリティ(traceability)とオーガニックのこだわり

トレーサビリティとは、食品の安全を確保するために,栽培や飼育から加工・製造・流通などの過程を明確にすることです。

cacaodirecttrades修正

色彩豊かなカカオ豆を厳選している森田さん
CHOCOZEYOのトレーサビリティは徹底しています。使用するカカオ豆、甘味料などは、作り手の森田さん自身が現地で調査、厳選、交渉、買い付けを行っています。また品質維持のため配慮された流通手段を取っています。

さらに、有機栽培、無農薬、無添加などオーガニックにもこだわり、食材を取り扱う農家・工場と直接取引をしています。

 

CHOCOZEYO Sugar Freeの原材料は安心・安全!

徹底したトレーサビリティのおかげで、CHOCOZEYO全商品は極めて良質なオーガニックチョコレートです。

輸入手段までも徹底している貴重なマダガスカル産カカオ豆

酸味とベリー系の個性ある東アフリカ・マダガスカル島のカカオ豆は高級品として世界で知られていますが、日本にはほとんど入っていないそうです。

myself修正

森田さんは若い頃からアフリカ・ヨーロッパ・東南アジア等の国々を周り、現在東京でアフリカ専門の旅行会社を経営、テレビ番組のコーディネーターとしてアフリカを訪れているそうです。その経歴からもカカオ豆や流通経路をよく知り得た人だと言えます。

澄み切った川、肥沃な土地で、農薬を不使用の自然農法を行っているマダガスカル島のカカオ豆農家に赴き、その品質を確認した上で買い付けます。

さらにカカオ豆の品質維持のため空輸便で輸入しています。船便では暑い赤道を超える長い航路になり害虫や毒カビ対処として農薬が散布されるので安全とは言えないそうです。

生産者がわかる天然の甘味料

CHOCOZEYO Sugar Freeは、ステビア、ヤーコン、メスキートの植物を乾燥させたパウダーのみを使用しています。一方、同じ天然由来の羅漢果を原材料とする低糖質のラカントは、トレーサビリティの観点からは適切な甘味料ではないと判断し使用しないそうです。勿論、糖アルコール(エリスリトールなど)、人口甘味料は一切使用していません。
 

◎ 高知産ステビア

ステビア
ステビアは、砂糖の200~300倍の強い甘みがあるので、少量でも十分な甘みを加えることができるので低糖質スィーツによく使用されます。

清流で知られる高知県仁淀川河口近くで、農薬、化学肥料、除草剤を一切使用しないハーブ栽培農園ハーブ仁淀川から仕入れています。ハーブ仁淀川は栽培だけでなくハーブの加工まで自家農園で行っています。
 

◎ 長野県産ヤーコン(菊芋)

ヤーコン修正
イモ類は糖質制限ではNGです。一見芋類のようですが、実はヤーコンはキク科ヒマワリ属の多年草です。

信州北部青木村のヤーコンよしもとで栽培されています。農薬、化学肥料、除草剤を使用していない安全な健康野菜です。

ヤーコンは、水溶性植物繊維とフラクトオリゴ糖の含有量が高く、血糖値の急上昇を抑制する作用が期待できます。水溶性植物繊維は体内でゼリー状になり糖質を包み込むので、血糖値を上げる糖質の吸収速度がゆるやかになります。難消化性オリゴ糖のフラクトオリゴ糖は大腸まで消化吸収されない性質があります。
 

◎ 南米ペルー産メスキート

メスキート
無農薬で栽培されたメスキートの木から収穫した豆の入ったサヤをパウダーにして輸入します。

メスキートパウダーの糖質は6.3g/10gですが、食物繊維が豊富なので吸収がゆるやかな低GIの食材です。さらに抗酸化作用のあるポリフェノールが豊富に含まれています。

 

チョコレート工房CHOCOZEYO 店舗情報

商品はネットからも購入できますが、高知市内にあるチョコレート工房CHOCOZEYOでも販売しています。森田さんは現在東京在住なので、この工房でチョコレートを作るために高知へ定期的に戻るそうです。

※ 小さな工房でつくっているので大量生産が難しく1日30枚の限定チョコレートということです。

店舗修正

坂本龍馬が生まれた高知市上町にあるお店
住所:〒780-0901 高知県高知市上町1-11-1 イトウマンション1F
営業日:木曜日&金曜日と土曜日午後。他の曜日は不定休。
営業時間:10:00~18:00
TEL:088-821-8220
携帯:070-3970-9995(東京対応のみ)
チョコレート工房CHOCOZEYO ウェブサイト

 

ページの先頭へ