【Low-carbレストラン】 EPICURE (エピキュール)東京・広尾

広告

糖質制限により体調不良が劇的に改善したイタリア在住の岡広巳さんイチ押し、東京広尾にあるEPICURE(エピキュール)をご紹介します。【糖質制限実践レポート File NO.11】食に対する意識がシフトしたら糖質は食べたくなくなった!に記載の岡さんは、3年前からストレスのない糖質制限を続けていますが、日本滞在中に都内で美味しい低糖レストランを探し求めていたそうです。そして「食志向に対応してくれる」「味覚が蘇る味」「ハートフルなサービス」のエピキュールに魅了され常連さんになってしまったとか。

Low-carb、グルテンフリー、ベーガン、自然食、アンチエイジングなど、お客様の食志向に個別に対応する『エピキュール・ケアリングフード』は、フレンチ、イタリアン、日本食、エスニックなどあらゆるジャンルの料理を組み合わせるので、期待感も膨らみます。

体に悪い食品は排除する観点から、すべてのコース料理に白砂糖はもちろんのこと、低糖甘味料エリスリトールでさえ使用しません。糖質制限では必須の脂質に関しても、サラダ油やトランス脂肪酸は避け、”良質” 脂質の3系・9系の脂肪酸やオリーブオイルを使用。またテイクアウトできるケアリング弁当、予約制の糖質制限などのテイラード弁当には保存料を入れません。

メニューはコース料理のみですが、通常のコースでも糖質約40g以下、Low-Carbコースに至っては糖質約20g以下!さらにベーガンやグルテンフリーコースから食事制限のあるお客さまにはテイラーメイドコースまで用意されています。適切な栄養学から健康法まで幅広い知識をお持ちのオーナーシェフ藤春幸治さんの指導により、スタッフも十分な知識があるので、エピキュールは信頼できるレストランといえます。

幸せな一時が味わえる EPICURE Low-carbコース料理

コース総糖質量は約20g以下!おまかせLow-carbコース料理のメニューです。

全5皿でデザートまで楽しめます。飲みもの付きです。どの品も食べる度に思わず笑みがこぼれます。

ブイヨン・ド・レキューム(野菜のブイヨン)、おちょこサラダ

野菜の美味しさが凝縮されたブイヨンは菊芋の香りとやさしい甘味がします。小さな器に入ったサラダはビーツの美しい赤色と香りに気分が高まります。

菊芋(キクイモ) 食物繊維が多く血糖値の急上昇を抑えるとされるイヌリンが豊富に含まれています。菊芋が前菜に!嬉しい配慮です。ちなみに菊芋は、菊に似た花をつけ芋ができるため付けられた和名です。糖質の多いイモ類とは異なりデンプンがほとんど含まれていません。

平目のローズマリーとオニオンのマリネ、春菊のソース

平目はローズマリーの香りとオニオンの甘味の中に昆布の旨みがあります。「マリネと昆布じめ」和洋の相生効果がすばらしい一品です。春菊とオリーブオイルのソースは平目の繊細な味を引き出しています。

低温料理のグラスフェッドビーフ、野菜の土佐備長炭焼き、ガーリックケッパーソース

メインディッシュは、あこがれのグラスフェッドビーフ(放牧牛)のサーロイン。塩はほとんどかかっていないようですが、本来の肉らしい旨みにしばし感動!低温料理なのでレア状態。肉は柔らかく(当然ですが)飼料の臭いがしません。この赤は体に必要な鉄分の色。赤身肉はたんぱく質と鉄分が補充できます。菊芋、ブロッコリー、ヒラタケ、赤カブは、良質な土佐の備長炭の遠赤外線効果なのか、美味しさが野菜の中に詰まっています。

プルチーニ茸のフランと帆立のポワレ

”はんなり”と表現したくなるやさしい味の一品。イタリア産プルチーニ茸は岡さんのプレゼントとか。

VEGAN洋梨のホワイト・ティラミスと柚子のアイス

甘くないデザートです。一口目は「アレ?」、二口目でティラミスの洋梨のほのかな甘味が、三口目で柚子アイスの上品な美味しさが、ドンドン口の中に広がります。味覚が蘇ります!欲を言えば豆乳ではなく生クリーム入りのアイスを食べてみたいです。

珈琲豆とハーブが入ったボックス

食後の飲みものは、ボックスに入った珈琲と4種類のハーブから選べます。食事の余韻を楽しめるおしゃれな演出です。

低糖質パン&EPICUREオリジナル豆乳バター

今回2種類の低糖質パンを頂きました。

グルテンフリーの大豆パン

最初に出された大豆パンは食感が今一つで物足りません。おからのにおいが少し気になります。

グルテンフリーのこんにゃくパン

岡さんお気に入りのこんにゃくパンがお目見え。
「これでコースの総糖質量は25gとなります」と、パンが2枚も食べられるとはすごいことです。1枚5gのこんにゃくパンはもっちり感があり美味しいです。

EPICUREオリジナル豆乳バター(左)、マキベリーのアンチエイジングバター(右)

製法特許を取得したという豆乳バターは、バターと言うより新しい食品としての美味しさがあります。この豆乳バターに抗酸化力のあるマキベリーを練り込んでいるアンチエイジングバターはさすがです。

上質なLow-carb料理をごちそうさまでした。


エピキュールの料理は、食材がもつ本来の美味しさを最大限に引き出しています。しかし濃い味つけや添加物いっぱいの食品に慣れている人には物足りない味と思うかもしれません。エピキュールのコース料理を味わいながら「体によいものを食べる」食習慣をチラリと考えて頂けたら幸いです。

EPICURE(エピキュール)

営業時間  11:30-15:00 17:30-23:00(月曜日定休)
TEL    03-5422-7454
住所       東京都港区元麻布2-1-17 モダンフォルム1F
最寄り駅 【東京メトロ日比谷線】広尾駅1番出口 徒歩10分 

コメント

タイトルとURLをコピーしました