注意喚起

広告
注意喚起

糖質制限基準のパラダイムシフト災害食

新型コロナウイルス共存という状況下で,もし自分が被災したらという視点に立ち,一般的な災害食を糖質制限の観点から考えてみました。糖質制限の推進派医師や実践者が備蓄している災害食はパラダイムシフトの品目です。
食品の糖質量

心身の不調を誘発する食品の糖質量

新型コロナウイルスによる不自由な生活を強いられている中,糖質の多い食品は心身の不調を誘発します。消費が高くなっているカップ麺,おかし,パンなど糖質量を取りあげてみました。「1食でこんなに糖質を摂っているの?!」と認識して頂きたく,糖質量を角砂糖の個数に置き換えています
注意喚起

糖質過多の体ではコロナウイルスに太刀打ちできない

コロナウイルス予防の注意喚起の中で余り重要視されていない点。それは毎日の適切な栄養摂取!です。カップ麺,乾麺,パック米,おもち,パン,おかし,ポタージュ系スープ,カレールー,レトルトカレー,味付け缶詰,野菜ジュースなどを大量に買い込んでいませんか。これらの食品は糖質が非常に多く,さまざまな健康問題を引き起こします。
注意喚起

新型コロナウイルス VS 糖尿病 VS インフルエンザ

39歳で糖尿病を発症した整形外科医の花岡篤哉先生は、個人的には新型コロナウイルスより糖尿病の方が心配だと言っている。糖質の多い食品を「過度に」「継続的に」 食べていると、免疫力のない体になるだけでなく、メタボリックシンドロームに陥り糖尿病へまっしぐらだ
注意喚起

【猫、もの申す! NO.2】ガブ飲してしまう「ストロング系チューハイ」は低糖だけど危険!

ぼくらネコはマタタビで恍惚状態になるけれど、ヒト属はアルコール、糖質、麻薬、タバコ、ゲーム、スマホなどで「報酬系のドーパミン」という神経伝達物質が脳内で分泌されて幸せな気分になるらしい。 マタタビの陶酔時間はせいぜい5分~10分位、依存性...
ドクターのアドバイス

塚本雅俊医師が釘を刺す「糖質はアルコールや麻薬以上の依存性物質だ!」

糖質は、麻薬やアルコールと同様に依存性のあるシロモノということをご存じだろうか。ところが糖質過多の食生活がメタボリックシンドローム、糖尿病などの要因になっているにも関わらず刑罰も厳しい制限もない。社会は糖質に甘く糖質だらけの環境が当たり前だ。
注意喚起

【糖質制限実践レポート File No.12】甘いもの依存症&肥満により肺血栓塞栓症で倒れ、生き方を改めた夫婦

「検査の数値が結構悪いんだよね」と云いつつ,多くの人は体を壊すまで不健康な生活習慣を改善しない。薬さえ服用すれば問題ないと思っている人さえいる。糖尿病(予備軍)の人にありがちだ。甘いもの依存症&肥満のアメリカ人ジャーナリストジョン・ウッド(55歳)はあるひ突然肺血栓塞栓症で倒れた。
注意喚起

【猫、もの申す! NO.1】こわ~い糖質液体 ”エナジードリンク” のトラップ

エナジー系飲料市場はマタタビもらった猫状態 ここ何年か、砂糖・ブドウ糖・カフェイン主成分のこわ~い糖質液体「エナジードリンク」を飲んでいる20代~40代の男性をよく見かける。 特に今年の猛暑、汗だくになって外で働くポッチャリ系の人が、仕事...
ドクターのアドバイス

糖質制限推奨医師は奨めない!熱中症や夏バテ予防の”糖質の多い” スポーツドリンク、塩飴、ゼリー飲料、飲む酢

熱中症や夏バテ予防の電解質系ドリンク、塩飴、ゼリー飲料などは、予防よりも糖質の多い食品により起こるリスクの方が高いようです。内科医吉田光範先生にが勧めるシンプルな熱中症対策、市販されている低糖予防食品をご紹介します。
ドクターのアドバイス

【糖質制限実践レポート File No.9】サッカーの練習でポカリスエットを水代わりに飲みまくりペットボトル症候群(急性糖尿病)を発症したパティシエ

ル・ヴェールのオーナーパティシエ 高谷浩史さんは1型糖尿病患者だ。家族には誰も糖尿病患者はおらず遺伝的な原因ではない。大学時代サッカー練習でポカリスエットを飲み過ぎたことが引き金となり,ペットボトル症候群(急性糖尿病)を発症してしまった。
食品の糖質量

糖質量から「体に良いイメージの食品」を考察する-ハチミツ、甘酒、フルーツ、グラノーラ、飲む酢、玄米、お粥、蕎麦

ハチミツ,バナナ,グラノーラ,玄米(雑穀米),お粥,蕎麦,酢,さらに最近ブームの甘酒など,多くの人が「体に良い」と思い召し上がっています。糖質量をチェックしながら,糖質制限推奨派医師の意見を参考に「体に良いか否か?」を考察してみました。
注意喚起

年末年始は『糖質スイッチ』が入りやすいハイリスク・シーズン

「あきませんわ。糖質制限中だというのに、元旦にちょっとおせち料理をつまんだら、糖質系食べ物を毎日何かしら食べたくなってしまいました。このだるさが糖質のせいだと分かっているのに、止められないから困っています」12月~1月初旬は、糖質の多い食品にあふれているハイリスク・シーズンだ。
ドクターのアドバイス

【コラム】糖質酔い

普段アルコールを飲まない人がアルコールを飲むと,酔いが一気にまわり,二日酔いになったりするように,日頃糖質を摂らない人が糖質を摂ると,アルコール酔いならぬ,〈糖質酔い〉が起こるようだ。
食品の糖質量

糖質ゼロと誤解しやすい表示『ノンシュガー』『糖類0g』『シュガーフリー』

食品パッケージにある『ノンシュガー』『糖類0g』『シュガーフリー』などの表示で「糖質ゼロ」と誤解する人が多いようです。糖類はオフでも、糖質はオフではありません。糖質の実際の糖質量は、栄養成分表示と原材料表示からわかるので、今回は『ノンシュガー』のど飴と『糖質90%オフ』低糖のど飴で、糖質量のチェック方法を説明します。
注意喚起

我が身にも起こっている!血管細胞をこわす血糖値スパイクとは

花岡医師がアボット社の持続性測定器”Free Style Libre(英国製)”で約5時間測定した血糖値。わずか30分で高血糖スパイクに! 血糖値スパイクとは 糖質の多い食品を摂ると、食後1時間以内に血糖値が140mg/dL以上に急激に...
広告
タイトルとURLをコピーしました