【低糖レシピ】糖質ゼロのクラウド・ブレッドとパンケーキ

小麦粉をまったく使用せず、卵、クリームチーズ(またはカッテージチーズ)だけでつくるクラウド・ブレッドのつくり方をご紹介します。

名前の通り、雲(cloud)のようにフワフワな形状で、中身はソフト、表面は少し歯ごたえがあります。プレーンは、少しだけ塩気がある優しい味です。そのままでも、サンドイッチにしても、また焼く時に、ナッツやベーコンなどを加えると味わい深いクラウド・ブレッドになります。

日本でも最近レシピ本が発売されましたが、もともと米国のローカーボ・ディエッターには、ノー・カーボ(糖質ゼロ)+豊富なタンパク質パンとして知られている一品です。コラム記事食育が必要な肥満大国アメリカで掲載した米国人では少ない50代でスリムな体型を維持しているゲイ友人が「朝食やスナックに!」とつくり方を教えてくれました。 

※ 卵、クリームチーズなどにも微量ですが糖質は含まれているので、正確には「糖質ゼロ」ではありません

材 料

つくり方

1. オーブンを、150度に温めておく。オーブン皿にクッキングシートを敷く

 

2. 卵を割り、卵黄と卵白に分け、別々のボールに入れる

卵黄と卵白に分ける

3. 卵黄が入ったボールの中に、クリームチーズを入れ、クリームチーズの形がなくなる(小さくなる)まで泡立て器でよく混ぜる
ここで、ラカントS(大さじ1.5杯以上)と塩少々を入れ、お好みでシナモンやオールスパイスなどをいっしょに混ぜると、スフレのような甘いクラウド・ブレッドに

泡立て器でよく混ぜる

クリームチーズと卵黄を混ぜやすくするために、クリームチーズは常温に戻しておくか、レンジ(600wで15秒くらい)にかけ、やわらかくしておきます。
自動の泡立て器は、ビーターの中にクリームチーズがからみつくので、手動の泡立て器の方が使いやすいです。

4. 卵白が入ったボールの中に、ベーキングパウダー(またはクリーム・オブ・ターター)を入れる
自動泡立て器の高速モードで、フワフワした泡(メレンゲ)をつくる。とがった山のメレンゲができる状態なるまで泡立てる

フワフワした泡(メレンゲ)をつくる

5. 卵黄のボールに、まず1/3のメレンゲを入れてゴムべらでざっくり混ぜる。 残り2回も同様にする

ゴムべらでざっくり混ぜる

メレンゲは一度に入れないで!また、しっかり混ぜているとメレンゲ泡が消えてしまいフワフワになりません。

6. 生地を大きなスプーンなどですくい、クッキングシートにのせる。目安のサイズと形は、8~10cmの円形で約9個分。雲(クラウド)のようにいろいろな形にしても面白いです

クッキングシートにのせる

約25cmX35cm のオーブン皿で、9個分の生地がギリギリのります。
オーブン皿のスペースがない場合は、オーブン皿を2つ用意して、中段と下段で焼きます。
生地がすぐしぼむので、オーブントースターなどサイズが小さい場合は、一度に焼く分の生地を用意して下さい。

オーブンの中段に入れて、150度で20~25分焼く

こんがりと焼き色

約20分で中は焼けています。こんがりと焼き色をつけたい場合は、約25分です。
甘いクラウドブレッドを焼く時は、20分位で黄金色になります。150度以上の温度で焼くと焦げやすくなります。
クラウド・ブレッドは、焼き時間が長いとクリスピーに、短いとソフトな仕上がりになります。クリスピーなクラウド・ブレッドも、翌日はしっとりします。

 

保存する場合は、冷めてから容器や保存袋で保管下さい。常温で3日、冷蔵庫で1週間ほど日持ちします。冷凍保存も可能です。トースターよりレンジで温めてた方が、ポロポロになりません。

追加食材でクラウド・ブレッドを楽しむ

プレーンのクラウド・ブレッドはやさしい味なので、追加食材の味が引きたちます。今回、5種類をご紹介しますが、お好みの食材で、あなたのクラウド・ブレッドをつくってみて下さい。

食材を追加するときのタイミング

クラウド・ブレッドのフワフワ生地は、追加食材をのせている間に、くずれていきます。また食材の重さでもフワフワ生地がつぶれてしまいます。そこで、まずは5分ほど焼いて、生地が少ししっかりしたら、オーブンから出して、追加食材をのせて下さい。

  • クルミ(ナッツ類)
    糖質制限では、低糖質のナッツ類はお奨め食材です。みじん切りにしたクルミの香ばしさとクラウド・ブレッドのやさしい味が絶妙にマッチします。

ナッツ

  • 胡麻
    フワフワ食感に胡麻のプチプチと香ばしさは、たまりません。

ごま

  • じゃこ
    カリカリになったじゃこが美味しい和風クラウド・ブレッドです。召し上がるときに、大根おろしやきざみネギ、オクラなどを添えても。

じゃこ

  • ベーコン
    ベーコンの塩味と香りがあり、ワインにも合います。モッツァレラチーズ、バジルなどと一緒に焼いてピザ風に。

ベーコン

  • ローズマリー
    円形ではなく形を変えてフォカッチャ風に。お好みでガーリックパウダーを生地(卵黄+クリームチーズのボール)に混ぜるとガーリック・クラウド・ブレッドになります。
    オリーブオイルをつけて召し上がってみて下さい。

ローズマリー

クラウド・ブレッドをフライパンで焼いてみる 

油をひかず、テフロン加工のフライパンで焼いてみました。フライパン焼きとオーブン焼きの出来具合がこれほど違うのかと驚きました。

フライパン焼きとオーブン焼き【左:オーブン焼き 右:フライパン焼き】

フライパン焼きは、オーブンで焼いたようなフワフワにはならずペタンコでどちらかというとパンケーキのようです。卵の味とにおいが強くなります。

フライパン焼きの場合は、ナッツ、胡麻などを焼くときに生地の上にのせると、卵焼き風の味が香ばしい美味しさに変わります。また、火加減は、必ず弱火でじっくりと時間をかけて(約10分位)焼いて下さい。

 

手間のかからない糖質ゼロのパンケーキ

わざわざメレンゲをつくったりと、手間をかけたクラウド・ブレッドの生地は、フライパン焼き向きではないようです。そこで、同量の卵、クリームチーズ、ベーキングパウダーをいっしょに混ぜた生地で、パンケーキ風にフライパンで焼いてみました

パンケーキ風にフライパンで

これが、大成功!ふんわりとは膨らみませんが、クラウド・ブレッドのようなやさしい味になりました。おまけに手間がかかりません。栄養価ではどちらも同じです。

これで、フワフワな食感と味を楽しめるオーブン焼きクラウド・ブレッドと、手間のかからないフライパン焼きパンケーキで、糖質オフパンのバリエーションがグンと広がるのではないでしょうか。

関連記事
【低糖レシピ】糖質ゼロのクラウドブレッドでつくるラザニア
パスタの代わりにクラウドブレッドでつくる低糖ラザニアの作り方をご紹介します。クラウドブレッドは,小麦粉をまったく使用せず,卵,クリームチーズを使用した糖質ゼロのパンです。雲(cloud)のようにフワフワな形状なので,このネーミングとなりました。

【追記】クラウド・ブレッドでつくるケーキ

201612242048
幼少からの糖質づけの食生活から39歳で糖尿病を発病した医師の花岡篤哉先生も、クラウド・ブレッドのファンです。

先生がつくられたクラウド・ブレッドを使うミルフィーユのようなケーキが 【追記】糖質づけだった医師の告白に掲載されています。

花岡先生が告白された糖質づけの食生活も、人ごとではない!と、ご一読下さい。

コメント

タイトルとURLをコピーしました