動脈硬化のこと

動脈硬化とは

動脈とは、心臓から出た血液を身体全体に運ぶ血管のことで、身体のすみずみに酸素や栄養素を運ぶ重要な役割をしています。

この動脈が、年齢とともに老化して硬くなったり弾力性が失われ、さらにLDLコレステロールや中性脂肪などが血管壁に沈着して血管が狭くなり、血液がスムーズに流れなくなる状態を動脈硬化といいます。

内臓脂肪型肥満、高血圧、高血糖、脂質異常症の人が、動脈硬化になりやすいことがわかっています。糖質制限を実施すると、減量の効果があるだけでなく、食後の高血糖、脂質異常(高LDLコレステロール血症)、高血圧も改善されます。
ちなみに、動脈は硬化しますが、老廃物や二酸化炭素を回収して心臓に戻る静脈は、血管を硬化させるLDLコレステロールなどの成分が含まれていないので硬化しません。

動脈は老化する

動脈など血管も年齢とともに老化し弾力性がなくなり硬くなってきます。動脈の老化は意外に早く30歳頃から始まるといわれています。30代から糖質過多の食生活、運動不足、ストレス、喫煙などの不適切な生活習慣を続けていると、動脈硬化を進行させる危険因子(内蔵脂肪型肥満、高血圧、高血糖、脂質異常症)が増えることになります。

女性は、動脈硬化防ぐ作用のある女性ホルモンにより男性よりも20歳ほど血管が若いとされています。しかし、閉経後の女性は分泌される女性ホルモンが減るので、動脈硬化のリスクは高くなります。

プラークにより動脈の内壁が狭くなる=動脈硬化のはじまり

LDLコレステロールや中性脂肪の増加により、動脈の内皮にLDLコレステロールなどの脂肪が付着しやすくなります。

さらに、弾力のない硬い動脈では、もろくなった血管内皮のキズなどからLDLコレステロールが内膜に入り込み、活性酸素の影響で酸化LDLに変化します。すると酸化LDLを異物とみなした免疫細胞のマクロファージが、酸化LDLを次々に取り込んで泡沫細胞(ほうまつさいぼう)となり、動脈の内膜に粥状のブヨブヨなおできのようなプラーク=粥種(しゅくじゅ)をつくります。プラークができた動脈の内壁は狭くなり血液の流れが悪くなります。これが動脈硬化のはじまりです。

動脈硬化が進行すると血栓ができる

プラークが大きくなり内皮細胞がもちこたえられなくなると内膜が破れますプラーク破綻。これを修復するために血管内に血小板が集まりかさぶたのようなものをつくり、これが繰り返されると、重なったかさぶたの固まり(血栓)ができます。
血栓は血液の流れを詰まらせます。動脈硬化が進行して血管が完全にふさがると、心臓や脳の細胞に酸素や栄養素が届かなくなるので急速にその機能が停止します。

動脈硬化は進行していても自覚症状がほとんどないので、ある日突然、心筋梗塞や脳梗塞といった命にかかわる病気を引き起こします

動脈硬化を加速させる危険因子

内膜表面の皮膜が厚ければ、プラークは簡単には壊れませんが、薄い壁のプラークはちょっとした弾みですぐに壊れるほど不安定です。このプラーク破綻のリスクは、動脈硬化を引き起こす危険因子の数に比例しています。

内臓脂肪型肥満食後高血糖脂質異常(高LDLコレステロール血症)、高血圧喫煙などの生活習慣病の危険因子は、動脈硬化を加速させます

コメント

タイトルとURLをコピーしました