【糖質制限実践レポート File No.13】糖質制限、ソープレス、シャンプーレスで体臭が改善した

そろそろ汗ばむ季節だ。体臭が気になる。頭皮臭、ワキガ、汗臭、さらに加齢臭や口臭などニオイで悩んでいる人も多いと思う。

一般的な体臭予防は、入浴、デオドラント機能のある石けんやシャンプーを使用する、頭皮をよく洗う、汗をこまめに拭く、脂っぽい食事を控える、などが挙げられるが、実は糖質を控えることで体臭はかなり改善する。口臭も糖質による口腔内細菌の増殖が抑えられる

さらに石けんやシャンプーを使わないソープレスシャンプーレスも、脂臭はかなり抑えられ皮膚や頭皮に優しいようだ。

糖質制限実践者のソープレスとシャンプーレス

Pocorinをサポートしてくださる糖質制限推進派医師など糖質制限仲間の多くは、ソープレス&シャンプーレス派だ。また体を洗う道具はスポンジやタオルではなく「」だ。

半信半疑だろうが、以下の理由で納得した人は試して欲しい。かくゆう筆者も最初は「えっ!?」となった。

  • 石けんは必要な皮脂まで取り過ぎます。お湯で洗うだけで十分に体の汚れは落ちます
  • 体はやさしく手でこすります。スポンジなどでゴシゴシ洗うのは皮膚の角質層を痛め臭いの原因になる細菌を増やします
  • シャンプーは頭皮にある皮脂を取り過ぎます。それを補うために皮脂分泌が促進。逆に頭皮はべたつきます

タモリ、福山雅治、黒木瞳、石田ゆり子などが実践しているという湯シャンも、10分ほど湯船につかると80%の汚れが取れるそうだ。髪もお湯で洗い流すことで殆どの汚れが落ちるとスタイリストに聞いたことがある。

一方、医師達はこんな風にも言っている。

蒸し暑く髪がジットリする時だけ少し石けんで洗います。皮膚は水洗いでアカすりのように洗います。

ヘアワックスを落とすため少量のシャンプーを使っていたのですが、湯シャンですぐ落ちる整髪料を見つけました。マンダムのヘアジャムシリーズは水溶性で湯シャンですぐに落ちます。

基本、石けんは使いません。

体臭だけでなく肌や髪の状態もよくなる

糖質を控え(特に精製小麦や砂糖が原材料の食品)たっぷりのタンパク質と脂質の食事は、体臭改善だけでなく皮脂のバランスがよくなるので肌や髪の状態が良くなる。

シミや吹き出ものが改善する。さらにスーパー糖質制限によるアトピー症の改善効果は大きい

女性に嬉しいのがしっとりした肌になる。事実、糖質制限仲間の女性陣はすっぴんの人も多く、年齢を問わず肌がきれいだ。

髪はつやが出てくる。フケや抜け毛も改善する

不快な臭いがなくなった糖質制限実践者

糖質制限、ソープレス、シャンプーレスにより、ワキガ加齢臭肥満臭足臭髪質頭皮などが軽減した実例だ。※ 体臭は本人が分からないこともあるので家族の意見も伺ってみた

糖質制限による減量や体質改善が体臭予防と関連しているようだ。

ケトン臭   糖質制限実践者はケトン臭がすると、まことしやかに言われているので、実際にケトン臭を嗅いだことのある医師に話を伺った。健常者で厳しく糖質制限すれば、”少し”臭う程度のようだ。ケトン臭はアルコールのような甘い感じ。セメダインに果物が混じったような匂い。高度のインスリン分泌低下のある糖尿病患者は高血糖とともにケトーシス(体内でケトン体が以上に増量する状態)になるのでケトン臭が呼気に出ます。アセトン(単純構造のケトン)の臭いです。病的なケトーシスでは病室全体がケトン臭で満たされるほどです。またアルコール中毒の人は翌日低血糖になってるので呼気にケトン臭がします。

実例1) 「減量だけでなくアレルギー性鼻炎も治ってしまった」 山中純一さん(57歳)

糖質制限歴約8年
湯シャン&ソープレス、シャンプーレス歴5年
超低糖質の朝食と昼食だが、夕食は糖質の多い料理でも出された物は食べる
  • 加齢臭がなくなった
  • ワキガはまだあるがシャツのワキ下の黄ばみがなくなった
  • 梅雨時の電車で汗が止まらないことが多々あったが起こらなくなった
    ※ 汗に関しては、糖質セイゲニスト、ソープレス&シャンプーレス推奨者、形成外科医で湿潤療法の第一人者夏井睦先生は、夏場炎天下の山手線徒歩実験で「ほとんど汗をかかなくなった」と報告している
  • 白髪が増えてきたが自然に抜けて黒髪にリサイクルした
  • ストレスから円形脱毛症になり、現在卵2個&チーズ(約24gのタンパク質)とサプリメント摂取で自己治療を試みている

実例2「甘い物依存症&肥満により肺血栓症で倒れ、生き方を改めた夫婦」 ジョンさん(55歳)


【体重126kg時にはいていたジーンズ。胸周りも痩せてきている】

糖質制限歴7ヶ月
ソープレス&シャンプーレス派ではない。湯船にもほとんどつからない。
甘い物依存を断ち切るために低糖質でも甘い物は絶対に食べない。1日の糖質量60g以下に抑え、肉・魚・チーズ・野菜などがメインの食事で順調に減量中
  • 現在183cm、107kg(19kg減量)、まだBMI31.95(肥満度2)だが肥満の人にありがちな体臭はほとんどなくなり、アメリカ製の強烈な消臭スプレーが要らなくなった
  • 枕やパジャマが臭わなくなった。以前は枕カバーに頭皮の脂がベッタリ付いていた
  • 靴下も臭わなくなった

実例3)筆者の夫(63歳)

スタンダード糖質制限歴4年8ヶ月
ソープレス&シャンプーレス派ではない。湯船(温泉)に毎日つかっている。
昼食だけごはんや麺を少量食べることがある
  • 菓子パンやスィーツばかり食べていた頃は、ベタベタで脂臭があるBald Head
  • 肉・卵がメインの糖質制限を始めると、頭皮と体臭に変化が現れた。痩せたこともあるが体も頭部もサラリとして脂臭が余りしなくなった。但し肉の脂身を食べ過ぎた時は頭皮がベタベタになる
  • 加齢臭とワキガがもひどかったが大分臭わなくなった。 山中さんからワキガ改善が報告され気がついたが、夫のシャツも黄ばんでいない

実例4)筆者(60歳)

スーパー糖質制限歴4年8ヶ月
セミソープレス&セミシャンプーレス歴4年6ヶ月
ごはん、麺類、パンは止めた。肉・卵・魚・チーズ・ナッツ・イモ類&根菜以外の野菜は毎日、少量のフルーツやスィーツをたまに食べる
◆ 肌
  • かつてはボディーソープを泡立てたスポンジでゴシゴシ洗っていたが、今はシャワーを浴びながら手で優しくこするのみ。脂っぽい首からけんこう骨部分と足指の間は丁寧にこする。但しお尻まわりだけはオーガニック石けんを使う
  • 手だと脂っぽい部分など皮膚の状態がよくわかる。手だけで皮脂は十分とれる
  • ソープレスになり適度な保湿が保たれている。汗ばむ季節も石けんは使用しないがベトベト感は皆無
  • メークアップをしないので洗顔もなるべくぬるま湯で洗うのみ。化粧水とホホバオイルをつけるだけ
◆ 髪と頭皮


【自宅待機なので3ヶ月美容院に行けていない状態】

  • パン、パスタ、ごはん、大好物のせんべいが常食だった頃は、毎日シャンプーしてもベタベタになり若干臭う脂性頭皮だった。フケも多かった。今は髪も頭皮も抜群によい状態だ。髪はサラサラだ
  • 嬉しいことが起きた。抜け毛が劇的に少なくなった!40代後半から洗髪やドライヤーで髪を乾かした後、ごっそり抜けた髪が落ちていた。高価な女性向け育毛剤なども使ってみたが効果はなかった
  • 真夏は3日おき位でシャンプーをするが基本はシャンプーレス。頭にお湯を浴びながら頭皮マッサージを優しく丁寧にする。洗髪後はタオルで軽く髪をふいてドライトリートメントを少量つけクシでとく。後はドライヤー乾燥
  • 排気ガスの多い都会、煙の多い焼き肉店などへ行った時、ドロドロに汗をかいた時などは、シャワーで汚れをよく洗い流し少量のシャンプーを使用し髪の部分だけを洗う

減量と体臭予防の「ダブル効果」 が期待できる糖質制限を、また好奇心旺盛の人はソープレス、シャンプーレスを、夏に向かって始めてみませんか。

コメント

タイトルとURLをコピーしました