【月桂冠】テーブルワイン感覚の日本酒『糖質0ゼロ』

月桂冠糖質0
2008年日本ではじめて糖質ゼロの日本酒を商品化した日本酒メーカー月桂冠。

独自の糖質ゼロ製法によりおいしさを進化させている超辛口・超端麗 糖質ゼロシリーズは、特許を取得したGSD製法〈糖質スーパーダイジェスト製法〉や、旨み成分をできるだけ残すノウハウにより、糖質ゼロ、すっきりとした旨みのある味わいです。

通常の日本酒にくらべ、食事中の飲酒により口の中をすっきりさせ、食べ物の味の余韻をふくらませる効果がある日本酒です。

2.7リットル大容量パックが出ました

今秋、月桂冠は、月桂冠糖質ゼロシリーズの中で最大容量となる2.7リットル大容量パックを発売しました。

糖質をおさえた日本酒の愛飲家がふえ、お得な大容量の需要も高まるという狙いのようです。

日本酒は、単に飲むだけでなく、料理にも出番が多いため、糖質を控えた日本酒は、重宝する存在です。
月桂冠はその点も意識しているようで、パックの側面には、栄養管理士による糖質を控えた減塩レシピが掲載されています。

月桂冠糖質ゼロの呑口

月桂冠糖質0

5~10℃に冷やして飲むのが、特にお奨めということで、冷やして試飲してみました。

まずは一口ふくむと、さらりとした味が口の中に広がり、さらりと消えていく。かおりも余りないので、余韻を楽しむタイプの日本酒ではなさそうです。

次に、下記の糖質の少ない食品と一緒に試飲してみました。

・ヒラメ、マグロ、サーモン、ブリ、イカの刺身
・ガーリックとレモンでマリネしたローストチキン
・だいこんと厚揚げの煮物
・カマンベールチーズとプロセスチーズ

すっきりとし軽快な飲み口でどの料理にも合うのですが、日本酒による料理の味が引き立つ程の効果はなく、少々物足りなさを感じました。しかし、この味に慣れてしまうと日本酒の概念を超えた新しいお酒として楽しめるだけでなく、料理との相性にも新たな発見がありそうで期待がもてます。

Pocorinおすすめの飲み方

赤ワイン用の深めのワイングラスに糖質ゼロを注ぎ、数回まわしてから召し上がってみて下さい。グラスの中にかおりが漂い、旨みがまします。

月桂冠糖質ゼロシリーズの容量と価格です。

・2.7Lパック 1,995円(税別)
・1.8Lパック 1,396円(税別)
・900mLパック 716円(税別)
・210mLエコカップ 160円(税別)

冷酒もある糖質ゼロ

月桂冠糖質0冷酒
夏限定らしいのですが、糖質ゼロには冷酒もあります。

超淡麗辛口で、冷やして飲むと爽やかさが引き立つ酒質に仕上げているそうです。

こちらも、冷やして試飲してみました。

まずは一口。日本酒というよりストレートなスピリッツを飲んでいる感じです。

月桂冠糖質ゼロとくらべると、旨みが少ない感じでしたが、意外にチーズや肉などこってりした食品との相性がとてもよく驚きました。刺身は、ヒラメなどの淡泊な白身魚より、まぐろ、ブリ、サーモンなどをおすすめします。

月桂冠糖質ゼロ冷酒の容量と価格です。

・エコを考えた 900mLパウチタイプ 716円(税別)
・300mLびん詰め 319円(税別)

日本酒をじっくり楽しむという点では、糖質ゼロシリーズは、少々物足りない気もしますが「糖質ゼロなので、太る心配も、血糖値を上げる心配もせずに、日本酒を楽しく飲める!」と、テーブルワインならぬテーブル日本酒として美味しく頂けると思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました