言の葉

広告
ドクターのアドバイス

塚本雅俊医師が釘を刺す「糖質はアルコールや麻薬以上の依存性物質だ!」

糖質は、麻薬やアルコールと同様に依存性のあるシロモノということをご存じだろうか。ところが糖質過多の食生活がメタボリックシンドローム、糖尿病などの要因になっているにも関わらず刑罰も厳しい制限もない。社会は糖質に甘く糖質だらけの環境が当たり前だ。
知って得する豆知識

糖尿病国マレーシアにあった!高たんぱく質・高脂質が摂れる理想的な低糖質ボーンブロス料理『バクテー(肉骨茶)』

マレーシアは5人に1人が糖尿病だと言う。 首都クアラルンプールで食べ歩くと,その原因が日本並みの糖質過多の食生活だとすぐに気づいた。特にごはんを食べる量は日本人以上だ。 そんな中で,高たんぱく質・高脂質が摂れる理想的な低糖質ボーンブロス料理があった。それが『バクテー(肉骨茶)』スープだ。
コラム「言の葉」

50年前、寿司・餅・甘いものは「たまに」頂けるからこそ『ごちそう』だった

50年前、糖尿病は「贅沢病」と言われた。糖質の多い「ごちそう料理」を毎日食べている現在人よ!昔も今も、糖尿病の原因は、糖質の多い食品だと言うことを自覚して欲しい。
コラム「言の葉」

安田顕さま、夜食べるのを我慢しなくても糖質制限で痩せられます

2019年2月15日放送NHK「あさイチ」プレミアムトークのゲストとして出演した俳優の安田顕(やすだ けん)さんの姿に「太った?!」と思ったのは筆者だけだろうか。安田さんは1973年生まれ45歳だ。40代を過ぎて若い頃と同じように糖質の多い食品を飲み食いしていると、大概の人は太り始める。メタボリックシンドロームへの道を進むか、スリムに健康な毎日を送れるかは食生活が大きな要因だ。
ドクターのアドバイス

【寄稿】糖質制限推進派の女性医師が勧めるMEC食~糖質制限をおいしく簡単に続けるために~

「にくたまチーズ」を合い言葉にMEC食を推奨している産婦人科学会専門医 田中亜矢子先生が、ご自身の体験から糖質制限をおいしく簡単に続けられるアドバイスをして下さいました。
コラム「言の葉」

2019年こそ、あなたの低糖元年に!

2018年、糖質制限はかなり広く知れ渡るようになった。しかし、減量したいけど、ごはんやパンは止められないので実践は無理という人も多い。健康長寿が言われている昨今、医療の進歩があったとしても、糖質過多の食生活は健康寿命を短くしている要因の一つだ。今年こそ糖質依存症やメタボリックシンドロームに向けて「Good bye for good!(永遠にさようなら~)」と言って欲しい。
ドクターのアドバイス

糖質制限”実践派”医師のアドバイス総集編

先日、Pocorin(ポコリン)を公開して3年目を迎えた。この3年間、収集した食品や情報を精察してきた。筆者だけでなく多くの低糖人が実感している効果も確認してきた。幸運にも糖質制限推進派医師から医療的アドバイスだけでなくさまざまな面でPoc...
ドクターのアドバイス

【寄稿】糖尿病性腎症の初期から透析期まで、糖質制限は問題ない 〈腎臓内科医 塚本雅俊先生〉

糖尿病の合併症から腎症を発病する過程でタンパク質は制限されます。一方糖質制限ではタンパク質摂取は必須です。果たしてどちらが良いのか?つかもと内科、腎臓内科医塚本雅俊先生は、糖尿病腎症の予防にも治療にも糖質制限とタンパク質摂取を推奨しています。
インフォメーション

【言の葉】医師に聴いた役立つ糖質制限アドバイスに、説明を追加しました。

【言の葉】医師に聴いた役立つ糖質制限アドバイスに、吉田先生から伺った「【追記】糖質制限による減量効果の男女差」の説明を追加しました。
注意喚起

年末年始は『糖質スイッチ』が入りやすいハイリスク・シーズン

「あきませんわ。糖質制限中だというのに、元旦にちょっとおせち料理をつまんだら、糖質系食べ物を毎日何かしら食べたくなってしまいました。このだるさが糖質のせいだと分かっているのに、止められないから困っています」12月~1月初旬は、糖質の多い食品にあふれているハイリスク・シーズンだ。
ドクターのアドバイス

糖質制限中の閉経女性に起こるコレステロール上昇は脂質の摂りすぎが原因ではない

糖質制限では,糖質は控える代わりに,40%~50%の脂質,30%以上のたんぱく質を摂取するのだが、コレステロールや中性脂肪は逆正常になる。ところが閉経女性はコレステロール値が上がる。糖質制限推進派医師にその理由と対処を伺った。
イベント&セミナー

ジビエ料理もあるPocorin主催「低糖人 猫の集会 in 奈良」

豊富なたんぱく質と脂質が摂れる肉類は,糖質制限には欠かせない食材だ。よって,低糖人が集まると一人200g以上の肉料理をガッツリ食べることが多い。 新しい肉系情報にアンテナを張り巡らしている低糖人も多い。先日,Pocorin記事 減量だけでなくアレルギー性鼻炎も治ってしまった!【File No.2】 に掲載されている奈良県在住山中純一さんから『みえジビエ』の話を伺った。
ドクターのアドバイス

【コラム】糖質酔い

普段アルコールを飲まない人がアルコールを飲むと,酔いが一気にまわり,二日酔いになったりするように,日頃糖質を摂らない人が糖質を摂ると,アルコール酔いならぬ,〈糖質酔い〉が起こるようだ。
ドクターのアドバイス

糖質づけだった花岡先生からのメッセージ

2017年初春にあたり、山口県周南市にある新南陽整形外科クリニック花岡篤哉院長からPocorin読者へメッセージを頂いた。花岡先生自作のクラウドブレッドでつくった生クリームケーキの写真も添付されていた。
糖質制限実践レポート

糖質制限セミナー参加者のいろいろ ~やる気半分、効果実感、気のゆるみ~

去る10月26日,Pocorin主催によるはじめての糖質制限セミナーを,参加者が質問しやすい少人数制で開催した。今回のテーマは『太る原因は血糖値を上げる糖質の多い食品』。 参加者は,まだ内輪だが看護師,鍼灸医,英会話講師,料理の達人主婦。うち2名は,昨年(2015年)11月末に筆者が糖質制限の指導を行い減量に成功した。残りは,減量と体質改善を目的とする糖質制限ビギナーだ。
広告
タイトルとURLをコピーしました